WordPress初心者がブログを始める時に最低限導入すべきプラグイン7つをご紹介

WordPress初心者がブログを始める時に最低限導入すべきプラグイン7つをご紹介

これからWordPress(ワードプレス)でブログを始めてみようと考えている方や、まだ始めたばかりの方などが色々試してみたくなるものがWordPressを拡張するためのプラグイン。

しかし世に出回っているプラグインは非常にたくさんの種類があり、どれを導入していいのかわからなくなって、気づけば大量のプラグインをインストールしてしまうことも。

そこで今回は、ブログを始める時に最低限インストールしておいた方がいいプラグインを7つご紹介いたしますが、その前にまず、プラグインを導入するメリットや過度なインストールは危険?などプラグインについて少しお話させて頂きます。

プラグインとは?

WordPress(ワードプレス)には様々なプラグインが用意されていますが、そもそもプラグインとは、標準のWordPressにはない機能(プログラム)を拡張させるものです。

WordPressでブログを始めてみると、「あんな機能が欲しい」「こんな機能が欲しい」と感じるようになってきますが、そこを上手に補ってくれるものですね。

とても抽象的な説明ではありますが、あまりにも多くの種類のプラグインが用意されているので、「WordPressを使って今後どのような運営をしていきたいか?」で利用するものも変わってきます。

プラグインを導入するメリット

一般的によく考えられているもので言えば、

・人気記事の一覧が表示されるようにしたい

・投稿したらツイッターにも同時に投稿できるようにしたい

・ブログが重いから軽量化したい

・お問い合わせフォームを作りたい

などでしょうか。

プラグインはこれらの願いを叶えてくれるものです。

プラグインによって色々なカスタマイズができるため、HTMLやCSS、PHPなどの専門知識がなくても使いこなせるものも多く存在します。

しかしプラグインの導入はこんなデメリットも。

プラグインを導入するデメリット

プラグインは大変便利な反面、導入しすぎには注意が必要です。

プラグイン同士が干渉して動かなくなってしまったり、バグが発生してしまう場合もあります。

またプラグインの脆弱性をついたウイルスや攻撃なんかもあるので、たくさん入れれば入れる程攻撃される確率も上がってしまう場合も。

そしてプラグインを大量に導入してしまうと、ブログの表示速度にも影響を及ぼすこともあるんです。

これはWordPressの仕様が原因で、アクセスされる度にデータを呼び込んで訪問者に表示するので、プラグインが多いとその分読み込みに時間がかかってしまうんですね。

そのためプラグインは最小限で必要なものだけを導入する必要があります。

プラグインについて要約すると

プラグインによって色々なカスタマイズができる半面、導入しすぎには注意が必要、ということですね。

しかしそんなに心配する必要もないかと思います。

一旦インストールしたとしても、必要ないと思えばアンインストール(削除)してしまえばいいわけですし、次々と新しいプラグインも公開され続けていますので、便利だなと感じたら次々差し替えてもいいんじゃないでしょうか。

しかしWordPress初心者には「どんなプラグインが便利なのか?」を判断するのは難しいかもしれません。

それでは、ブログを始める時に最低限インストールしておいた方がいいプラグインを7つご紹介いたします。

初心者が最低限導入すべきプラグイン7つをご紹介

WP to Twitter

WP to Twitter

WP to Twitterは、WordPress投稿時、または更新時に自動でツイートしてくれるプラグイン。

WordPressを使っている方は、投稿をTwitter へ掲載するために、様々なプラグインを使っていると思いますが、WP to Twitterが一番わかりやすく便利だと言えるでしょう。

ブログプレスでも利用しているプラグインです。

しかし設定は少し難しく、プラグインをインストールし、有効化すればいい、というわけではありません。

Twitterと連携するには、まずTwitter側のAPIで連携するための認証Key(キー)が必要になります。

API取得は2018年から厳しくなったため、登録から取得完了までに審査が必要になります。

↓こちらのサイトを参考にしてみましょう。

設定が完了したら、認証Key(キー)をWordPress側で設定すれば完了です。

↓こちらのサイトを参考にしてみましょう。

設定が完了したら、一度テストしてみるといいかもしれませんね。

Contact Form 7

Contact Form 7

Contact Form 7は、お問い合わせフォームを簡単に設置できるものです。

お問合せフォームの設置は、ブログを運営していく上で必要なものです。

Contact Form 7は、難しい専門的な知識を必要とせずに、お問合せフォームが作成できるプログラムです。

Contact Form 7を使えば、用途にあったお問合せフォームが簡単に設置できます。

↓こちらのサイトを参考にしてみましょう。

Google XML Sitemaps

Google XML Sitemaps

ブログを運営するにあたって、サイトマップをGoogleサーチコンソールに送信するのが必須。

Googleサーチコンソールにサイトマップが設定されていないと、ページを公開してから検索結果に表示されるまでに時間がかかってしまう可能性があるからですね。

Google XML Sitemapsは、サイトマップを簡単に設定できるプラグインです。

↓こちらのサイトを参考にしてみましょう。

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Posts

WordPress Popular Postsは、ブログ内に人気記事(アクセスの多い記事)の一覧を表示させるためのプラグインです。

↓こちらのサイトを参考にしてみましょう。

似たような発想で、記事下に関連記事を表示させたい方もいるかもしれませんが、Google Adsenceを設置している方は、コンテンツ広告を設置すればいいかと思いますので、その場合のプラグインはご紹介いたしません。

Autoptimize

Autoptimize

Autoptimizeは、CSS・HTML・JavaScriptを縮小し軽量化を図るためのプラグインです。

CSS・HTML・JavaScriptについてあまり詳しくない方は、あまりわからないかもしれませんが、これらの設定ができていないと、表示速度に影響が出る場合があるんです。

表示速度が遅いと今ではSEOでも影響が出ますので、検索上位に上がっていかない原因のひとつにもなりかねません。

↓こちらのサイトを参考にしてみましょう。

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizer

EWWW Image Optimizerは、画像を軽量化するためのプラグインです。

先ほどのAutoptimizeと共に、軽量化対策として導入しておくべきプラグインになります。

画像の容量はバカにできません。1枚アップするだけで非常に大きな容量だったりします。特に携帯で撮影した画像をアップする場合は特に必要です。

↓こちらのサイトを参考にしてみましょう。

Throws SPAM Away

Throws SPAM Away

Throws SPAM Awayは、スパムコメント対策のためのプラグインです。

スパムコメント対策は非常に大切で、WordPressは世界的に多くの人が利用しているCMSですので、WordPressをアップデートしても次々とコメントが来る場合があります。

なのでセキュリティ対策の一環としても導入しておく必要があります。

↓こちらのサイトを参考にしてみましょう。

最低限これだけ導入すれば大丈夫?

初心者が最低限導入すべきプラグイン7つをご紹介しましたが、これだけインストールしておけば絶対に大丈夫というわけではなく、ここから先は冒頭でも書いた通り、「WordPressを使って今後どのような運営をしていきたいか?」で利用するものも変わってきますので、動画をアップしたいのなら読み込み速度を遅くするためのプラグインもありますし、ブログプレスでも導入しているFeedWordPressなどのアンテナサイト用のプラグインなど色々あります。

まずは最低限導入すべきプラグイン7つをインストールし、ブログの方向性を考えながらWordPressでのブログライフを楽しんでみましょう。