【レンタルサーバー比較】料金・スペックを考慮した個人ブログ運営向けおすすめ3社をご紹介

【レンタルサーバー比較】個人でのブログ運営向けで最も使いやすいおすすめサーバー3つをご紹介

WordPressなどのCMSを利用したブログ運営にはレンタルサーバーは欠かせません。

しかし「レンタルサーバー 比較」で検索すると膨大な数のレンタルサーバーを比較したサイトばかりで、どれを選べばいいのか余計わからなくなってしまいますよね。

そこで、僕が実際に利用してみて最も使いやすいと感じた個人でのブログ運営向けおすすめレンタルサーバーを3つご紹介します。

結論だけ先に触れてしまいますが、どれも名の知れた有名なレンタルサーバーで、

wpxサーバー

エックスサーバー

ロリポップ!

の3つです。

なぜこの3つが最も使いやすいと感じた個人でのブログ運営向けおすすめレンタルサーバーなのかという点については後ほどご説明します。

まず、レンタルサーバーを利用するにあたって、最初に思う事は、「無料のレンタルサーバーでもいいの?」という点です。

こちらについてご説明いたします。

無料サーバーと有料サーバーの違い

無料のレンタルサーバーと有料のレンタルサーバー、どちらが最適か。

これは一般的に考えればブログやサイトの運営方針によって当然変わってきます。

しかしこの記事では、WordPressなどのCMSを利用したブログを運営するために利用すべきレンタルサーバーをご紹介していますので、無料のレンタルサーバーでは厳しい場面が多数でてきます。

無料のレンタルサーバーも多数存在しており、使いやすいものもありますが、無料だからこそ色々と制限があるんです。

例えば

・容量が少ないため記事数に限界がある

・商用利用ができない

・CGIやPHPなどのプログラムが使えない

・公開するサイトに広告がついてしまう

などが挙げられます。

これら4点のすべてが該当する無料レンタルサーバーもあれば、一部のみ該当する無料レンタルサーバーもあります。

1番の問題は容量が少ないため記事数に限界があることです。

ブログを運営する期間が長ければ長いほど、記事数も増えますし、添付したい画像も増えます。

容量が少ないと一定の記事以上を書く事ができません。

無料レンタルサーバーが適しているのは、「個人向けホームページ」や、「記事数を限定したミニマムサイト」などでしょう。

しかし先述の通り、この記事では、WordPressなどのCMSを利用したブログを運営するために利用すべきレンタルサーバーをご紹介していますので、そのためには無料のレンタルサーバーという選択肢はサーバー選びの候補から除外してしまいましょう。

では改めて、僕が実際に利用してみて最も使いやすいと感じた個人でのブログ運営向けおすすめレンタルサーバーを3つご紹介します。

おすすめ1. wpxサーバー

wpxサーバー

wpxサーバーは、「エックスサーバー」を運用している会社が手がけているだけあって、使いやすさでは1番ではないでしょうか。

wpxサーバーは、「WordPress」専用のレンタルサーバーを売りにしているので、最初のWordPressのインストールからサイト確認までとても簡単です。

複雑な知識のない方でもブログ運営まではスムーズに進める事ができますし、最大で10個のWordPress運用が可能なので、複数ブログを立ち上げて運営することもできます。

WordPressを利用したブログを運営するには非常に最適なレンタルサーバーだと言えるでしょう。

wpxサーバー公式サイト

また、より料金の安いタイプで「wpxクラウド」というサーバーもあります。

要はクラウドサーバーです。

こちらの場合はWordPressを運用するためのWEBサーバー機能のみの提供となるため、メールアドレスなどが取得できず、あまりおすすめできません。

レンタルサーバーとクラウドサーバーの違いがわからない方も多いと思いますので、wpxサーバー「wpxクラウド」を間違って契約してしまわないように気を付けましょう。

wpxサーバーの料金

wpxサーバーの料金は初回料金と更新料金で若干異なります。

初回利用料金
契約期間初期費用利用料金合計
3ヶ月5,000円+消費税400円(1,200円+消費税96円)×3ヶ月8,600円
(税込9,288円)
6ヶ月5,000円+消費税400円(1,100円+消費税88円)×6ヶ月11,600円
(税込12,528円)
12ヶ月5,000円+消費税400円(1,000円+消費税80円)×12ヶ月17,000円
(税込18,360円)
更新利用料金
契約期間利用料金合計
3ヶ月(1,200円+消費税96円)×3ヶ月3,600円
(税込3,888円)
6ヶ月(1,100円+消費税88円)×6ヶ月6,600円
(税込7,128円)
12ヶ月(1,000円+消費税80円)×12ヶ月12,000円
(税込12,960円)

※初回利用時は、14日間の無料お試し期間があります。

ブログの運営は短期的な目線ではいい成果も上げられにくいので、思い切って12ヶ月契約で申し込むことをおすすめします。

僕のおすすめ満足度
★★★★★

wpxサーバー公式サイト

おすすめ2. エックスサーバー

エックスサーバー

エックスサーバーwpxサーバーって一緒じゃないの?

そう思われる方もいるかもしれませんが、wpxサーバーはWordpress専用のサーバーですので、Wordpress以外のCMSを利用したい場合はwpxサーバーでは行えません。

したがってエックスサーバーの存在も非常に重要になるわけです。

CMSというのはHTMLやCSSといったサイト制作の専門知識を必要とせずにサイト構築を自動的に行うことができるシステムのことで、Wordpressが有名なだけでWordpress以外にも多くのCMSが存在しています。

また近年ではセキュリティ面からあえて昔ながらの静的サイトで運営している方も増えています。

エックスサーバーならWordpressも当然運用できるのですが、HTMLで作成した静的サイトの運用も可能となります。

wpxレンタルサーバーと同じ会社の運営するサービスですが、両方とも価格とスペックのバランスが非常にいいのでおすすめです。

エックスサーバー公式サイト

エックスサーバーの料金

エックスサーバーではX10、X20、X30と3つのプランがありますが、ディスク容量の違いが主だった違いで、ほとんどどのプランでも変わりありません。

ですので、X10プランで十分運用が可能かと思います。

初回利用料金
契約期間初期費用利用料金合計
3ヶ月3,000円1,200円×3ヶ月6,600円
(税込7,128円)
6ヶ月3,000円1,100円×6ヶ月9,600円
(税込10,368円)
12ヶ月3,000円1,000円×12ヶ月15,000円
(税込16,200円)
24ヶ月3,000円950円×24ヶ月25,800円
(税込27,864円)
36ヶ月3,000円900円×36ヶ月35,400円
(税込38,232円)
更新利用料金
契約期間利用料金合計
1ヶ月1,000円×1ヶ月1,000円
(税込1,080円)
3ヶ月1,200円×3ヶ月3,600円
(税込3,888円)
6ヶ月1,100円×6ヶ月6,600円
(税込7,128円)
12ヶ月1,000円×12ヶ月12,000円
(税込12,960円)
24ヶ月950円×24ヶ月22,800円
(税込24,624円)
36ヶ月900円×36ヶ月32,400円
(税込34,992円)

※初回利用時は、10日間の無料お試し期間があります。

ブログの運営は短期的な目線ではいい成果も上げられにくいので、思い切って12ヶ月契約で申し込むことをおすすめします。

僕のおすすめ満足度
★★★★★

エックスサーバー公式サイト

おすすめ3. ロリポップ!

ロリポップ!

本当におすすめしたいのはwpxサーバーエックスサーバーの2つだけなんです。

しかし、ロリポップ!をおすすめするには理由があります。

それは、料金です。

wpxサーバーエックスサーバーをご覧になって感じたかもしれません。

「料金が高い」と。

それもそのはずで、サポートの充実もさることながら、エックスサーバーの場合最低プランでもディスク容量が200GBもあるんです。

最近はアイキャッチ画像など1記事でもたくさんの画像を使ったり、動画も使ったりするので、複数のサイトを管理する方などは容量は多い方が良いですよね。

wpxサーバー30GBですが、Wordpressの立ち上げまでがとてもスムーズで使いやすさを重視しています。

ロリポップ!は、定番のプランとされているのがスタンダードプランで、容量は120GBです。

しかしその分、料金も安く6ヶ月以上の契約だと月額500円です。※もちろん消費税は別途かかります。

つまり、wpxサーバーエックスサーバーのおそよ半分の容量である代わりに、およそ半分の値段で利用できます。

使いやすさは大手のレンタルサーバー業者なので抜群です。

ロリポップ!公式サイト

ロリポップ!の料金

定番のプランとされているのがスタンダードプランの料金を見ていきましょう。

初回利用料金
契約期間初期費用利用料金合計
1ヶ月1,500円600円×1ヶ月2,100円
(税込2,268円)
3ヶ月1,500円600円×3ヶ月3,300円
(税込3,564円)
6ヶ月1,500円500円×6ヶ月4,500円
(税込4,860円)
12ヶ月1,500円500円×12ヶ月7,500円
(税込8,100円)
24ヶ月1,500円500円×24ヶ月13,500円
(税込14,580円)
36ヶ月1,500円500円×36ヶ月19,500円
(税込21,060円)
更新利用料金
契約期間利用料金合計
1ヶ月600円×1ヶ月600円
(税込648円)
3ヶ月600円×3ヶ月1,800円
(税込1,944円)
6ヶ月500円×6ヶ月3,000円
(税込3,240円)
12ヶ月500円×12ヶ月6,000円
(税込6,480円)
24ヶ月500円×24ヶ月12,000円
(税込12,960円)
36ヶ月500円×36ヶ月18,000円
(税込19,440円)

※初回利用時は、10日間の無料お試し期間があります。

ブログの運営は短期的な目線ではいい成果も上げられにくいので、思い切って12ヶ月契約で申し込むことをおすすめします。

僕のおすすめ満足度
★★★★☆

ロリポップ!公式サイト

3つの共通点

wpxサーバーエックスサーバー、そしてロリポップ!

これら3つのレンタルサーバーにはいくつかの共通点がありますので、そちらをご紹介したいと思います。

独自SSLが無料

wpxサーバーエックスサーバー、そしてロリポップ!では、ドメイン認証型SSLが無料で利用できます。

ロリポップ!の場合は厳密に言えば無料版と有料版(PRO)があります。

「独自SSL」とは、独自ドメインに対して設定するSSLサーバー証明書のことで、昨今のブログ運営に必要不可欠なものでもあります。

利用者が多い

利用者が多いことの何がメリットかと言うと、利用しているレンタルサーバーについての設定方法など調べたい場合、検索すれば大概出てくるという点なんです。

利用者が多い分、その説明をまとめたサイトも多数存在します。

マイナーなレンタルサーバーであれほどそういったサイトも少なくなりますよね。

専門的な知識がない方は特に、最初はGoogleに頼らないとうまく設定できなかったりします。

そういった点でもwpxサーバーエックスサーバー、そしてロリポップ!は人気もあるので利用者も多く、利用者が多いことこそがメリットになってるんです。

大きな障害が少ない

定期的にメンテナンスを行っている事もあり、比較的安定性が高いと言えるでしょう。

安定性が高いことの何がメリットなのかと言いますと、急にブログがアクセスできなくなる心配が少ないという点です。

レンタルサーバーの運営業者の方で、障害が発生してしまったら、その業者のレンタルサーバーを利用しているすべてのブログやサイトが一斉にアクセスできなくなる場合があります。

天災などの特例による障害はレンタルサーバーである以上仕方のないことですが、障害が頻繁に起こるような業者は利用したくないですよね?

その中でもwpxサーバーエックスサーバー、そしてロリポップ!は比較的安定性に優れていると言えるでしょう。

何を重要視するか

将来的(特に1年以内)に複数サイトを立ち上げたいのであれば、wpxサーバーエックスサーバー

その上で、Wordpressで運営したいのなら、wpxサーバー

それ以外のCMSや静的サイトなどで運営したいのなら、エックスサーバー

まずは試しにひとつのサイトだけで運営したいのなら、ロリポップ!

といったように、何を重要視するかでレンタルサーバーを選んでみましょう。

要約

wpxサーバーエックスサーバー、そしてロリポップ!の12ヶ月で申し込んだ場合の料金をそれぞれまとめました。

プラン名

サーバー名初期費用利用料金合計
wpxサーバーナシ5,000円12,000円17,000円
(税込18,360円)
エックスサーバーX10プラン3,000円12,000円15,000円
(税込16,200円)
ロリポップ!スタンダード1,500円6,000円7,500円
(税込8,100円)

WordPressなどのCMSを利用したブログを運営するために利用すべきレンタルサーバーとしてご紹介してきましたが、使いやすさや料金、また容量やサイト数など色々な面を考慮した上で、3つすべて無料お試し期間も設けられていますので、実際に触ってみるのが一番かもしれません。

僕のおすすめ満足度
★★★★★

wpxサーバー公式サイト

僕のおすすめ満足度
★★★★★

エックスサーバー公式サイト

僕のおすすめ満足度
★★★★☆

ロリポップ!公式サイト